HOME > 脳卒中Q&A

脳卒中Q&A

Q.  脳梗塞と脳卒中の違いがよくわからないのですが

A. 脳卒中とは脳の血管障害による病気の総称です。脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などが含まれます。

Q.  脳卒中になったらどの程度回復するのでしょうか

A. 一概には言えません
一概には言えません。脳のどの部分がどの程度傷害されたかで変わってきますので患者様ごとに全く違ってきます。ただ、初期症状が軽いほど後遺症も軽い傾向があります。

Q.  脳卒中になったらどうすればよいのでしょうか。

A. 早急に専門医の診断を受けましょう。
まずは出来る限り早く専門医の診断を受けることです。出来ることなら救急車を呼びましょう。
発症後2時間以内に専門病院へ行ければ、完全に直すことも可能です。この時間を過ぎてしまっていても少しでも早く治療を開始することで、後遺症が軽くなる可能性が高くなります。

Q.  脳卒中の前触れはありますか。

A. 前触れなく症状が出るケースが多いです。
多くの場合、前触れ無く突然症状が出ます。ただし、半身の脱力やしびれ・ 視覚障害・呂律障害などの症状が短時間のみ出現する一過性脳虚血発作 (TIA)が前触れとして起こることがあります。また太い血管が徐々につまっていく時には 徐々に症状が出てくることもあります。ですからたとえ短時間であっても異常があれば早めに受診して下さい。

Q.  脳卒中は予防できますか。

A. 予防は可能です。
かなりの部分で予防できます。脳卒中は大部分が高血圧・糖尿病・ 高脂血症(脂質代謝異常)・高尿酸血症などの生活習慣病や、喫煙(ニコチン依存症)により引き起こされるものです。ですから、これらの原因となる病気の治療を充分に行えば、脳卒中は起こりにくくなります。

Q.  脳卒中で倒れた時の応急処置は?

A. すぐ救急車を呼んでください。
脳卒中が疑われる症状で倒れたら、すぐ救急車を呼んでください。脳卒中はブレインアタックとも言われ、心筋梗塞(ハートアタック)とならび、加療は時間との勝負です。何よりも早く専門病院へ行き、正しい診断を受け、一刻も早く加療開始することが非常に大切です。