HOME > 脳ドックで見つかる病気

脳ドックで見つかる病気

脳ドックで見つかる病気

  • 「脳梗塞」・・・動脈硬化や血のかたまりで血管がつまる病気
  • 「脳動脈瘤」・・・くも膜下出血の原因となる病気
  • 「脳腫瘍」「脳萎縮」などの有無
  • 「無症候性脳梗塞」「無症候性微小脳出血」・・・ほとんど自覚症状を伴わない病気

このような病気を主にMRI装置を用いて調べることができます。脳の中にこのような病気があることが分かれば、「大きな脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」など、「重篤な脳疾患」を未然に防ぐことが可能です。

脳梗塞とは、血管が詰まってしまい、血液のいかなくなった部分が死んでしまった状態のことです。
脳へ血液を送る血管が詰まって脳の組織が死んでしまった状態をいいます。

脳動脈瘤

脳動脈瘤とは、一般的に脳の動脈の分岐部にできた瘤状の膨らみで、動脈壁の構造の不完全な部分が血圧のストレスを受けて拡張したものと考えられています。
通常は脳動脈瘤があるだけでは、自覚症状のないことが多いのですが、稀に大きくなった動脈瘤による周囲の脳や神経の圧迫が原因となって神経症状を示すこともあります。

脳腫瘍

脳腫瘍とは、頭(頭蓋骨)の中にできた“できもの”のことを言います。
頭蓋骨の中には大脳・小脳・脳幹などからできている脳そのものと、脳の下方に存在する下垂体、脳から出ている脳神経やそれを取り巻くくも膜や硬膜、脳を栄養している血管などが存在します。つまり、脳腫瘍は、これらの頭蓋骨の中に存在する組織から発生した“できもの”の総称です。
また、頭以外に腫瘍(癌、肉腫など)が出来て 脳の中に転移を起こしたものを転移性脳腫瘍といいます。

脳萎縮

脳萎縮とは、脳容積の減少をきたしている状態で、独立した疾患ではなく、非常に多くの原因によって生じる病気です。
原因としては外傷・炎症・脳血管障害(脳梗塞・脳出血)・アルツハイマー病・レビー小体病など挙げられる。生理的な脳萎縮として加齢によるものもあります。

無症候性脳梗塞

無症候性脳梗塞とは、CTやMRIなどの検査を受けた際、脳卒中の既往がない方に偶然に発見された脳梗塞のことを言い、そのほとんど(約80%)は、高血圧が長く続いたために、脳の中を走る穿通枝という細い動脈が詰まったせいで起こるラクナ梗塞と呼ばれるタイプの脳梗塞のことです。
無症候性脳梗塞が認められる方は、認められない方より脳卒中を起こす確率が約2~4倍高いとの報告があり、また認知症の発症も高率であるとの報告があります。
無症候性脳梗塞すべてが加療対象となるわけではありませんが、程度によっては脳卒中予防を行わなければなりません。