HOME > 脳に関する病気

脳に関する病気

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管がやぶけたり(脳出血)、つまったり(脳梗塞)して、急に手足の麻痺やしびれ、あるいは意識障害などの症状が出た状態をいいます。
本来は脳の血管のトラブル(=循環障害)のうち、急激に起こったものをさしていますが、中には徐々に進行するものや、段階的に進行するものもあります。

脳卒中の種類

  • 血管が詰まる⇒一過性脳虚血発作・脳梗塞(脳血栓・脳塞栓・ラクナ梗塞)
  • 血管が破れて出血する⇒脳出血・くも膜下出血(高血圧性脳内血腫・脳動脈瘤破裂)

脳卒中には大きく分けると「一過性脳虚血発作」・「脳梗塞」・「脳出血」・「くも膜下出血」に分類されます。
脳梗塞には脳血栓(アテローム梗塞)と脳塞栓とラクナ梗塞があり、脳出血には高血圧性脳出血と脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血があります。

脳梗塞

梗塞とは、血管が詰まってしまい、血液のいかなくなった部分が死んでしまった状態のことです。
脳梗塞とは脳へ血液を送る血管が詰まって脳の組織が死んでしまった状態をいいます。

症状(脳梗塞の前兆に起こる症状)

  • 運動障害…体半身に力が入らない・食事中にハシを落とす・歩行時に片側へ傾く。
  • 感覚障害…右手のしびれなど体の半身がしびれ、感覚が鈍くなる。
  • 視覚障害…物が二重に見える・片側が見えない。
  • 言語障害…舌がもつれる・言葉が出ない。
  • バランス感覚の障害…ふらつく・めまいがする。

原因

脳の血管内に動脈硬化や、血栓(血のかたまり)ができるためです。
動脈硬化・血栓の危険因子は、高血圧・糖尿病・高脂血症・高尿酸血症・喫煙(ニコチン依存症)などの病気と、過剰な飲酒といった生活習慣です。下記に当てはまるものはありませんか?

  • 病気の危険因子⇒高血圧、高脂血症、心臓病、糖尿病、高尿酸血症、喫煙(ニコチン依存症)等
  • 生活習慣の危険因子⇒心疾患、喫煙、多量飲酒、肥満、運動不足、ストレス、脱水

治療法

 薬物療法 

高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を合併していることが多く、これらの治療がもっとも重要です。また抗血小板剤や抗凝固剤の服用が必要になります。

  • 抗血小板剤:
    活性化された血小板が血管壁に付着しさらに狭窄が進行していったり、壁に付着した血小板が剥がれて血管に流れてその先の血管をつめることがありこれを防ぐために用います。
  • 抗凝固剤:
    主に不整脈がもとで血液が固まることを防ぐために用います。 
  • 降圧剤:
    高血圧症の治療として血圧を下げるために用います。
    最近降圧剤に脳梗塞再発予防効果があることがわかってきました。血圧は限りなく正常に近づけることが重要です。
    研究の中には正常血圧の患者さんに降圧剤を投与してもなお、再発を減少せしめたとの報告もあります。このように降圧剤は血圧を下げるだけではなく、動脈硬化を抑えたり脳卒中再発を予防したりと様々な効果が知られていますので、処方を受けている患者さんは血圧が下がったといって自己判断で中止しないよう気をつけましょう。
  • スタチン系薬剤:
    高脂血症の治療として主にLDLコレステロールを下げるために用います。
    さらにスタチン系薬剤の服用患者さんは脳梗塞になる人が少ないというデータがあり、これをうけて再発予防にも効果があるのではないかと期待され、現在日本でいろいろな研究が進んでいます。
    一部の高脂血症薬においては脳卒中再発予防に有効であったとの報告がなされています。


 手術 

  • 血管吻合術(バイパス術)
    つまった脳血管のさらに先の血管に、頭皮を走る血管を剥がしてつなぐ手術です。吻合した血管から血流が新たに確保できるため再発を抑えることができるというものです。
    最近日本で行われた研究でその有用性(再発予防)が証明されました。
  • 頚部内頚動脈内膜剥離術
    頚部の内頚動脈に狭窄がある場合、厚くなった壁(内膜)をくりぬく手術です。
    症状があり50%以上細くなっている症例、症状が無くても60%以上細くなっている症例にはこの手術を行うことにより薬だけで治療した症例より再発が少ないことが証明されています。
  • 頚部内頚動脈ステント
    金属製のメッシュ状の筒を狭窄部に留置して拡げる治療です。


 リハビリ 

手足の麻痺や言語障害などを認めた場合、その機能回復のためリハビリを行います。
現在では一日でも早く開始することが望ましいと言われています。

このように脳梗塞の治療について述べてきましたが、最も大事なのは、脳梗塞にならないようにすること(一次予防)です。
ちなみに脳梗塞の再発予防は二次予防です。

脳出血

脳出血とは脳の血管が破れて出血した状態のことです。
高血圧症や動脈硬化症のある人に、過労や精神興奮、入浴・用便などが誘因となって起こります。
部位によって症状が異なりますが、多くは回復後も半身麻痺や言語障害などが残ります。

症状

  • 比較的急に頭痛がする
  • 片麻痺
  • 嘔吐
  • 意識が混濁

原因

脳出血のほとんどは高血圧性脳出血ですので、第一の危険因子は高血圧です。
高血圧に加えて、血管(脳内小動脈)に血管壊死と言う変化が起きると、それが小動脈瘤に進展し、何らかの誘因によって破壊して脳出血を起こすと言われています。
この他血管腫、動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、脳腫瘍なども原因となります。

治療法

内科的治療(薬物投与)・外科的治療(手術)に大別されます。 MRI検査・CT検査により脳出血と診断された後、原因・出血部位・年齢・全身状態・神経症状などを考慮して治療方法を選択することになります。 初期は脳のムクミである脳浮腫を軽減させる内科的薬物治療で症状を抑えますが、血腫により頭蓋内圧が亢進して脳に損傷を与えるときは外科的手術治療で血腫を取り除きます。 一般的に、被殻出血であれば30ml(直径約4cm)以上、小脳出血であれば直径3cm以上で手術適応となります。

くも膜下出血

くも膜下出血とは脳を保護する「硬膜(いちばん外側)」・「くも膜」・「軟膜」の3つの層から成り立つ脳膜のうち、くも膜と軟膜のすき間にあるたくさんの太い動脈から出血することで起こります。

症状

  • 突然の持続する頭痛
  • 瞬間的に痛みはじめた頭痛
  • 今までに体験した事の無い様な頭痛
  • バットで殴られた様な頭痛
  • 激しい頭痛

原因

くも膜下にはり巡らされた脳栄養血管の一部が切れる事ですが、多くは特徴的な病気が隠れています。
くも膜下出血を発症した日本人の約9割は、脳動脈瘤と呼ばれる動脈のコブからの出血と考えられています。脳動脈瘤には先天的素因による嚢状動脈瘤・動脈硬化による紡錘状動脈瘤・ストレスや動脈硬化による解離性動脈瘤があります。
一部の嚢状動脈瘤は家族発症が認められており、くも膜下出血もしくは未破裂動脈瘤が見つかった方がご家族内におられれば、発見される可能性が幾分高いと言えます。
一般的に脳ドックにて約5%の方に未破裂動脈瘤が見つかるとも言われています。

治療法

脳動脈瘤が原因であるくも膜下出血の患者さんにとって最も危険な事は、再出血です。
破裂した脳動脈瘤が、もう一度出血(再破裂)する事(特に24時間以内が要注意)は良く知られています。再破裂によりくも膜下出血が増え、脳のダメージがより深刻になり、生命の危険が高くなります。
この再破裂を防止する為に行われる治療が手術です。

代表的な手術の方法には、開頭手術と血管内手術の2通りの方法があります。
また未破裂動脈瘤も出血(破裂)予防、つまりくも膜下出血予防のために手術治療を考慮すべき場合があります。未破裂動脈瘤の破裂率は年間約1%ですが、5mm以上の大きさのもの(部位によってはさらに小さくても)・形がいびつなもの・経過観察中に大きくなってきたものはより出血しやすいと判断されます。

すべての動脈瘤が直ちに手術適応となるわけではありませんが、破裂する可能性が高いと判断されれば手術治療を勧められるでしょう。

脳腫瘍

脳腫瘍とは、脳組織の中に異常細胞が増殖する腫瘍で、良性と悪性の2種類あります。さらにその細胞の形や性質により細かく分類されています。 ①脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍 ②他の臓器のがんが脳へ転移してきた転移性脳腫瘍(脳腫瘍と言う場合は通常、原発性脳腫瘍を意味します)。良性脳腫瘍には髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫の3種類があり、ほぼ治癒します。

症状

  • ひきつけ
  • 運動麻痺やことばの症状
  • 脳神経の症状
  • 機能的な症状

原因

脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも不明です。ただし、腫瘍の進行を助長するものとして、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取、過度のストレス、喫煙などがあげられています。また、ほかの臓器にがんがある場合、身内に脳腫瘍を発症した人がいる場合は、脳腫瘍のリスクが高くなると考えられます。

治療法

脳腫瘍治療の基本は手術です。 どのような脳腫瘍でも、治療の原則は腫瘍をすべて取り除くことです。最も効果的なのは手術による摘出ですが、その他に、放射線療法や化学療法(薬物療法)を行なう場合もあります。

◇放射線療法
 放射線療法とは、放射線のエネルギーを利用して腫瘍を小さくしたり、増殖を抑えたりする治療法のことです。
 手術で腫瘍をとりきれなかった場合、悪性腫瘍とみなされた場合などに行われます。

◇化学療法
 化学療法とは薬を用いた治療法のことです。 脳腫瘍では主に抗がん剤系とその補助のための薬品が使われています。現在70~80種類ほどの薬剤が、抗癌剤として認可されていますが、脳腫瘍の化学療法に使用されているものは、ごく一部に限られます。