HOME > 脳ドックとは

脳ドックとは

脳ドックとは

脳ドックとは

「MRI」《磁気共鳴断層撮影》と「MRA」《MRIによる血管撮影》検査や血液検査などを行い、脳卒中などの脳の病気の危険因子を発見するための健康診断のことです。

脳ドックは、無症候や未発症の脳及び脳血管疾患(主に脳卒中)及びその危険因子を早期発見し、治療あるいは予防に結び付けることで、それらの発症あるいは進行を防止することを主な目的としております。

脳ドックの目的

脳ドックの目的

現在、脳の病気についての医学的な解明が進み、正確な診断や適切な早期治療によって危険因子をあらかじめ取り除くことも可能となってきました。

脳ドックは、「脳」に焦点を絞って、その状態を詳しく調べる専門ドックです。主に『くも膜下出血』の原因となる『脳動脈瘤』、血管の傷みや血のかたまりで血管がつまる『脳梗塞』、そして『脳出血』『脳腫瘍』『脳萎縮』などの有無を調べ、それらの危険因子を発見することを主な目的としています。

また、最近ではMRI装置の発達や撮影方法の進歩によって、以前では発見できなかった“自覚症状を伴わない”『無症候性脳梗塞』や『無症候性微小脳出血』も見つけることが可能になりました。
脳の中にこうした異常があることが判れば『脳梗塞』『脳出血』『くも膜下出血』など、重篤な脳疾患を未然に防ぎやすくなります。

脳ドックの検査で分かること

脳ドックの検査で分かること

  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血等)の既往
  • 脳動脈の閉塞や狭窄病変
  • 脳動脈瘤、脳血管奇形(脳動静脈奇形等)
  • 脳腫瘍、眼窩内腫瘍
  • 頚部血管(頚動脈等)の閉塞や狭窄病変
  • 脳外傷の既往
  • 脳血管障害に基づく認知症の発生予測
  • 脳萎縮(アルツハイマー型認知症等)
  • 慢性硬膜下血腫や水頭症

MRI検査内容

検査方法

検査台に仰臥位になり、(装置によってはヘッドホンを装着し)頭部に器具をかぶせ固定し、強い磁気と電波を使い撮影します。

検査時の注意事項

検査中は動かないようにしてください。通常の検査で息止めは必要ありません。放射線被爆はありません。検査中、装置からは大きな音が続きますのでご了承ください。検査室内もしくはヘッドホンに音楽を流している施設もあります。強い磁場を使用しますので金属類(鍵・アクセサリー・眼鏡・入れ歯など)は外してください。時計・磁気カード・携帯電話などは壊れますので検査室内に持込まないでください。ペースメーカーを付けた方は受けられません。クリップ・ステント・人口関節など体内金属保持者、妊娠中の方、閉所恐怖症の方、入れ墨のある方は事前にご相談ください。